ゆかいな動物たち

わんこ1匹、インコ3羽+スズメ1羽、プレ2匹とカメ1匹の 日々の記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日の東京は日中は暖かく、お日様も照って、日光浴日和だったはれ♪

 朝のムギ&グリの食事風景食事
私が水槽のフタをあけて、デジカメで撮ろうとすると、ごはんそっちのけで
「かまって、かまって~」とジタバタ大騒ぎでアピールしてくるもぐら
この時もそ~っと水槽のフタをあけて、デジカメで撮ろうとしたところを
グリに気づかれたところ。
          

               

          左手にごはんを持ったまま、振り返る姿がたまらなくかわいいっはーと




 

         

       結局ムギにも見つかり、我先にかまってもらおうと、てんやわんやアセっ  
                                             ムギ、顔こわいよ・・
 



 

 

           
          
                   食べて遊んだあとは、夢の中へもぐらZ

スポンサーサイト

 ちゅんたの成長が遅いことは、自分でも認識していたつもりだったすずめ
しかし、ネットでいろいろ調べていて、生後間もない、まだ毛もほとんど生えていないスズメを
拾った方のブログに辿り着いて、そこで衝撃を受けた!
飼育開始8日目のスズメちゃんが載っていて、くちばしの両端もまだ黄色く、
明らかにちゅんたより幼いそのスズメちゃんは、
ちゅんたの体重の1.5倍もあり、体格もしっかりしていて、毛もフサフサ・キラキラ
えっbikkuri01生後8日でこんなになるのっびっくりはてなと、かなりの衝撃でした。
ちゅんたんはもう4ヶ月になるというのに、毛もまばらだし、体格も小さい・・・ アセっ
どこをどう見ても、その生後8日のスズメちゃんとの明らかな大きな差・・・。
これも私が「虫」を与えなかったからだろうか、と自己嫌悪でいっぱいになった。

 以前、ソラとセンセイの健康診断で病院に行った時に、ちゅんたんの飼育許可書があれば
診て下さる、ということを先生に伺っていたので、すぐにいつもの病院に電話して予約をとった。
とにかく適切な処置を聞きたいのと、ちゅんたんの現状というか、状態を知りたかったのだ。
あとは、足が少しおかしく、止まり木にきちんと止まっていられないのも気になっていたからだ。

 そして、今日ちゅんたを連れて、病院に行ってきた
先生がおっしゃったのは
①太りすぎ
②発育不良
③発育不良の為、足にところどころの奇形が見られる
とのことでした。

①に関しては、胸に筋肉がつきすぎているとのこと。
人間と違って、胸筋がつきすぎているのも肥満となるのだ。
②と③は、もともとちゅんたが生まれもってきたものだと思って、あきらめるというか
このまま育てていくしかないとのことだった。
虫は、別に与えなくてもいいとのことだった。ただ虫を好んで食べる習性が
あるというだけで、フィンチと同じに考えればいいと。
『「虫がいない冬場はどうするの?」ってことになるでしょ?』と。
それを聞いて少し安心しました。
 
 私は今まで、餌をあげればあげただけ、食べれば食べるほど、大きくなる(成長する)のだと
思っていましたが、それは間違いだそうで、ちゅんたんの場合は、もうこれ以上大きくなる
ことはないだろうということで、「バランスが大事」ということでした。
太りすぎということもあって、足に余計な負担もかかり、体重がもう少し軽くなれば
足の状態も今よりは少し良くなるかもしれない、とのこと。
3時間おきの挿し餌は、過保護すぎと、言われてしまいました汗4
少しずつ挿し餌を減らしていくことにします。

 そして、便・そのう検査では、野鳥には珍しく寄生虫もいないし、内科的な治療は
必要ないだろう、ということでしたsmile
とりあえず病院で先生に診てもらってよかったです。
このままいってたら、ちゅんたを肥満にし続け、もしかしたらたいへんな事態になって
いたかもしれなかったのです。

 病院から帰ってきたちゅんたんは、さすがに疲れたようで、病院用のプラケースから
出すと、手の中に「ちょん」と乗り、すぐ寝てしまいましたすずめZ


               
               

           確かに先生に言われてみると、ちゅんたの胸が大きいな~、と思う。
         言われなければ、ただ単に成長してきて、毛がフサフサになってきたぁ~グー
         喜んでいるだけだった汗               







 

         

                   唯一、安心してちゅんたを任せられるソラ。
                 他の2羽はなにをしでかすかわからないから・・・かお

 ある日、何かの拍子で豆蔵の水槽の上に着地したミルは、それ以来
豆蔵の水槽の上が気に入ってしまったようで、頻繁に訪れるようになったアセっ
ただ豆蔵の水槽のフタは不安定なので、いつか水の中に落ちやしないかと
ハラハラドキドキしているsn
そんな飼い主の気持ちなんてお構いなしのミル。
今日も豆蔵の水槽の上でご満悦にこ

               
               
                     なにか用でちゅか?

 

 


   そのお気楽ミルを下から見上げるソラオカメ・ノーマル
              
        なんか上にへんなコがいるわ!

 

 

 

   そしてその下には、最近やけに甘えん坊のセンセイがじぇれみあハート
                 
              ぼくの上でなにか起こってるの?

 

 

 


         そしてみんなの全容はこんな感じちな♪

                    

 


 ご存知の方もいらっしゃるように、ソラは1代目のチワワのランディが大好きだったため、
ちゃっぴーにその影を求めているのか定かではないが、ちゃっぴーに好意を寄せているオカメインコ
しかし、ちゃっぴーになかなか受け入れてはもらえない失恋
ちゃっぴーにはその時の気分があるようで、ソラがそばに寄ってきても気にならない時と
気になる時があるようだ。今日は気に入らない日だったみたいだアセっ
 ちゃっぴーの定位置であるパソコンのイスの上。ちゃっぴーのそばに行こうとしたソラは
追い払われてしまった絵文字名を入力してください

                 
              
     ちゃっぴーちゃんのそばが安心できるのに・・・










   私が床に布団を持ってきて、そばで観察しようとしたら、寂しかったのか寄ってきた。
             

                

            なにさっ!ちゃっぴーちゃんのケチッ怒








    やっと落ち着ける場所を見つけたかと思われたその時bikkuri01内股怪人が登場ドクロ
  身の危険を感じたソラはあわててその場を逃げたのであった。

                

 

 




   センセイはその頃、頭に綿毛の帽子をかぶって楽しんでいたみかん

                  

                      ぼくは平和だもんちな♪

 ミルのおしゃべりのレパートリーが増えた。
今回は母のリクエストに応えて、「ちゃっぴーちゃんチワワ」を教えていた。
ミルのおしゃべりに耳を澄ませていたら、「ちゃぴ~~ちゃんちな♪」と
言っているではないかbikkuri01 びっくり
まだ発音がいまいちだが、マスターするまであと一息というところ。

 ミルはその時々で、自分の中のテーマ曲ならぬ、テーマおしゃべりがあるようで
ひとつの言葉を連発する時がある。
いつも笑ってしまうのが、ムギ&グリに対しては「こんにちわ~ちな♪こんちわっちな♪」と言いながら
近づいていくのに、飛びかかって攻撃するのだアセっ
なんか言葉と行動がうらはら・・・・・・・・汗

 今日もノリノリで1人(1羽)遊びしていたミル。
       

               

                   カーテンにぶら下がって頭だけ出してますかお

 

 

 

 

             

              床とカーテンのすその隙間が遊ぶのにちょうどいいみたいに

 

 

 

 

                 

                 そして、ふと見ると、こんなあられもない姿で・・・汗4

 

 

 

 

               

               コップを見ると、頭を突っ込まずにはいられないミルひよこ

 

 

 

         

         ミルは仰向けになると、足で何かを掴んでいないと落ち着かないようで

       ジタバタする。いつも思うのだが、いつかボンボンを持たせたいHeart

 

        

 今日はムギ&グリのケージを掃除したもぐら
掃除中は、ムギとグリに目が行き届かないので、おとなしくしていてくれる「おやつタイム」となる。
そうすると、あちこち歩き回らず、もくもくとおやつのプレポップを食べているからだかお
 案の定、おやつのにおいに誘われ、ちゃっぴーがやって来たチワワ
いつものように、隙あらばムギ&グリのおやつを横取りしようと、その機会をうかがうちゃっぴー。

           

             またちゃっぴーが来たわ・・・汗

 

 

   

 ムギ&グリはぬけているというのか、おっとりしているというか、なぜか
ちゃっぴーにプレポップを何度も取られてしまう汗
あまりにもその回数が多かったので、ちゃっぴーを叱った。
そしたらちゃっぴーのうるうる目で訴えられてしまったかお

            

            なんでぼくは食べちゃいけないの?

 

 

 


 たくさんおやつを食べ、のどが乾いた2匹は、水槽に戻るとすぐ給水器に。

                    

              あー、おいしかったちな♪   ごくごく

       

     まだ食べたかったのに・・・ 止めないといつまでも食べちゃうでしょ

 

 

 

 水槽に戻ってからも対照的な2匹。
グリはおやつも食べ、満足したのかねむねむモードZZz
一方のムギは、寝床作りに励み、野生化で土を固める時のように、
タオルを頭でゴンゴンと固めていた。この行動をするのはいつもムギ。
野生化でもメスの方が働き者なのだろうか?

             


 ちゅんたんはほとんどケージの中にいるすずめ
今は1日6回の挿し餌の時に、ケージから10分~30分出て遊ぶ程度。
ケージから出ると、ちょんちょん動き回り、私の手や足の指をつついたり、
ティッシュを引っ張ったりと活発に動く。とても元気だ。
ヒナの時から我が家の動物たちを見ていたので、ちっとも怖がる様子もなく、
逆に興味があるようだ。
今日は日光浴をしていたちゃっぴーに近づいていった。
ちゃっぴーはあまりにも小さいちゅんたんに戸惑い気味で、近づいて来られて
びっくりしたのか逃げてしまった。


                 

          

           ちゅんたんが急に近づいてきて驚いて逃げる前の瞬間のちゃっぴーチワワ

 

 

 

            
                 びっくりしたな~、もうアセっ





         

            

           いくら動き回っていても、手で包み込むと、お腹をつけて寝るちゅんたん








 東京都にちゅんたんの飼育許可を頂いた。
ちゅんたんは足がおぼつかなく、止まり木にもきちんと止まれない。
こんなものなのかはよくわからないが、これでは自然界で生きていけるのか不安が残る。
東京都の職員の方曰く、保護された野鳥のリハビリ施設もあるとのことだったが、
ちゅんたんの状況を説明したら、「それでは仕方ないですね」と
飼育許可の書類を送って下さった。
東京都のホームページやいろいろな動物病院のホームページなどでも
「スズメのヒナを拾わないで」というポスターが貼られている。
確かに安易にヒナを拾ってしまうというのは間違っているとは思う。
巣立ちの練習をしている最中に、地面に着地してしまうことは多いみたいだ。
しかし、いろいろな状況をふまえ、近くに親がいないようであれば
やはり「このままにはしておけない」と思ってしまう。
今考えると、ちゅんたんを拾う時も、一応その場から離れて様子を見て
親がいなさそうと思って拾ってしまったが、もしかしたらもう少し様子を見ていたら
親が迎えに来ていたかもしれない。私が「離れた場所」だと思っていたところでも
親鳥は私を警戒してちゅんたんを迎えに来れなかっただけかもしれない。
私が拾っていなければ、ちゅんたんは大空を気持ちよく飛んで幸せに暮らしていたかも
しれない。と、いろいろ考えてしまう。私のしたことは正しかったのだろうかと。
けれど、その場に通りかかったのがネコやカラスだったら食べられていたかもしれない。
その場に通りかかったのが私だったからちゅんたんは我が家に来る運命だったと信じ、
ちゅんたんの一生を預かった以上、できる限りのことをして、ちゅんたんに
楽しく、幸せな生活を提供してあげたいと思う。
長くなってしまい、最後まで読んで下さった方には感謝します。



     
    

 ミルは今日も絶好調ぴーす
いつもの窓辺でおもちゃをガジガジ、カーテンと格闘して絡まってバタバタ、
鈴入りボールを投げては追いかけてドタドタ・・・1人大はしゃぎかお
ほんと毎日楽しそうに遊んでいる。
1人(羽)遊びに飽きると、私の方に飛んできて、まとわりついて離れなくなる。
毛布でトンネルを作ってあげると、出たり入ったりして遊んでいた。
一緒に遊べるお友達がいたら、もっと楽しいんだろうな~、とは思うが・・・。
もう限界だな。許せ、ミル。

     


          
           

                 ガジガジ楽しいでしゅちな♪

 

 

 

 

             

           このトンネル遊びはクセになるでしゅ絵文字名を入力してください

 

 

 

 

             

                    今日も楽しい1日でしたrainbow

 

 

 

               コウモリミルコウモリ

              よくまあこんな格好でいられるな~、と感心してしまう。

 

 今日はセンセイの健康診断をしに病院へ病院
センセイは前回、前々回と腎臓の値が少し高めだったので、今回はどうかな~、と
少し心配して行ったが、今回は前回よりも下がっていて、
「まあ、このぐらいだったらいいかな」という数値だそうだ。
「一時的なものだったんだろうね」と先生。ほっと一安心。
ソラと同じく、センセイも「なにも問題なし」ということだった。
血液検査後のセンセイは、かなりお疲れモード。汗4
病院行くまでの道のりでは、ワキワキしながらジダバタと興奮しっぱなしだったのに
すっかり意気消沈したのか、微動だにせず・・・。かお

 家に着くと同時に、自分のおうちにそそくさと入っていったセンセイ。


           

             ぼくのことはほっといて下さい 

 

         そこへソラがセンセイのごはんを狙ってやってきた。

          センセイは、ミルが自分のケージに近づこうものなら、ものすごい威嚇&攻撃を

          するのだが、ソラに対してはやさしい。

      

         ん?なにか文句でも?  センセイ寝てる・・・

   今日はソラの健康診断のため、病院に行ってきた。病院
ソラはダイエット継続中のため、朝ペレット2g・シード1g、夕方ペレット2g、夜ペレット2gと
絶食状態の時間を短くするため、3回に分けて与えている。
これでも体重は増えたり減ったりの繰り返しで、その都度ペレットの量を増やしたり、
減らしたりしながら、体重100gをキープさせていた。
しかし、ここ最近ペレットを食べなくなってしまったソラ。
体重も1番少なかった時は95gまで減ってしまった。
「これはたいへんだアセっ」とシードをたくさん入れることにした。
今まではお腹が空けば、しぶしぶペレットを食べていたのだが、
夜あげたペレットは、朝まで残っていることもしばしば。
換羽が関係しているのかなぁ~。
今は体重を量りながら、シードの量を調節中。オカメインコ
シードはまあまあ食べてくれているようだ。

 健康診断(血液検査、便・そのう検査)の結果は「なにも問題なし」ということだった。 グー

 

              
                 あたし、がんばったわ  かなりお疲れの様子

     

   

     

            

                ソラちゃん、大丈夫?      

      

 

         

         

            センセイが心配?して、珍しく豆蔵の水槽前にやってきた。

             でも、ちょっと緊張気味。ソラは・・・ちょっと迷惑気味?



                  

 ちゅんたんが我が家に来て、はや3ヶ月と1週間が経った。
まだ1人餌にならず、挿し餌だ・・・・・汗
私は日が経てば、自然と挿し餌から1人餌になるものだと思っていた。
しかし、ネットで調べたところ、1人餌の練習をさせないと、
一生挿し餌しか食べなくなってしまう場合があるということだったアセっ
「これはたいへんっアセっ」とさっそく行動を起こすことにした。
 
 ちゅんたんはだいたい2~3時間経つと、「お腹空いたよ~」と鳴き始める。
かわいそうだという思いをぐっとこらえ、すりつぶしたペレットをちゅんたんのケージに
入れて、そのまま様子を見る。
すると、食べているのか遊んでいるのかわからないが、ペレットをつっつくちゅんた。
そのうちポリポリという音が聞こえてきたので、少しずつではあるが、
自分で食べる練習をしているようだグー
まだまだ挿し餌をねだる甘えん坊のちゅんたんだが、少しずつ少しずつ挿し餌の時間の間隔を
長くして、ちょっとずつ自分で食べる練習をしてもらおう。
がんばれ~、ちゅんた!

 



        

              ちゅんたんは順調に成長して、現在体重16.2gすずめ

 

 

 

          

                手のひらに体を寄せてくるちゅんたんHeart
          

           

   ぽかぽか日差しが気持ち良いのか2匹でまったりモードはれ♪
   今日はムギ&グリの水槽を掃除した。
        








   水槽を掃除している間は、ムギ&グリのおやつタイム。

  ムギは止めるまでずっと食べ続けているが、グリはある程度食べると 満足するのか、

  「おうちに戻して~」と私の足元をウロウロ。



         
          きれいになった「おうち」のにおい点検するグリもぐら










          
      その頃、ムギはセンセイの「おうち」に侵入。ごはんを盗み食い・・・・・汗









     

           
        水槽の上にやって来たミル。フラッシュがまぶしかったのかヘンな顔 かお











  普段からバランス感覚がないのか、よく肩から滑り落ちるミル。
  グリが気になり、前かがみになった途端・・・落ちたかお

 ミルはひまさえあれば、足で頭をカキカキしている。
遊んでいる最中、転がったついでに、カーテンにぶら下がりながらも・・・。カキカキカキカキ
クセみたいなものだろうか。

        

              こんなへんてこな格好にもなり・・・ やわらかすぎっ

 

 

        

         

               こんなてんてこな顔にもなるけど  あっかんべ~





 

     

          普通にしていればなかなかでしょ










    インコたちの敷材の新聞紙を用意していると、必ずやってきて、こうやってガジガジしながら

   体をこすりつけ遊ぶミル。どういう心境なのか・・・1度聞いてみたいものだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。