ゆかいな動物たち

わんこ1匹、インコ3羽+スズメ1羽、プレ2匹とカメ1匹の 日々の記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    日光浴を満喫する1匹と1羽

 2011 11-28diary












      日差しが当たるところがあると、必ずその場所にくる

   2011 11-28diary2
     やっぱり日光浴は気持ちがいいでちゅ











   ポカポカ気持ちがよくなったちゅんたは、お腹をつけてくつろぎモード 
   
2011 11-28diary3













2011 11-28diary4
             日光浴は最高でちゅね
スポンサーサイト
  ごはんを食べているちゃっぴーの背後から忍び寄る2羽の影

 2011 11-25diary












    大慌てで食べだすちゃっぴー
  
2011 11-25diary2












2011 11-25diary3
               ちょっとちょうだいよっ!









    ん?あれだけちゃっぴーのごはんに執着していたソラが・・・

 2011 11-25diary4











  ソラの様子をを回り込んで見るミル

2011 11-25diary6
  あ!ソラちゃん、なに食べてるでしゅかっ!











2011 11-25diary5
               あたちにもくだしゃ~い

 
 豆蔵も来年の春頃で10歳になる
我が家にもう10年もいるなんて驚きだ。月日の流れを実感する。

 ペットショップで一目惚れをし、購入したのだが、それまで水槽での飼育経験もなく、
いきなり「スッポンモドキ」を飼うということになったのだが、今考えると無謀だったな~、と思う
そんなわたしに飼われているというのに、ここまで元気によく成長してくれたな~

 スッポンモドキの生態は、あまりよくわかっていないようだが、飼育下での寿命は8~15年と
されているようだ。生息地では食用とされていたようだが、2005年にワシントン条約附属書II類に
分類されたことにより、今では貴重な存在となりつつあるようだ。



     夜中に豆蔵をふと見ると、爆睡していた

   2011 11-23diary









   あ、起きた。

2011 11-23diary3
  










2011 11-23diary4
                       ごはん~?









  今ではソラの次(センセイと同時期ぐらいに飼っているのだが、どちらが先だったか
覚えていない
に長い先住カメとなった長老豆蔵
この約9年と半年の間、水槽の中から我が家の動物たちを見てきた貴重な存在である。


  2011 11-23diary5











 2011 11-23diary6
   唯一ヒーターがついているソラのケージの中でぬくぬく暖をとるセンセイ
   センセイにケージを占領され、仕方なくケージの上でまったりするソラ




   そんなのどかなひと時が一気にかき消される出来事・・・

 2011 11-20diary










         一気に殺気立つ現場・・・

       2011 11-20diary2









   センセイはソラの為に怒っているわけでも、ソラを助けようともせず、ただただその場で
   ミルに対しての怒りを止まり木に八つ当たりしていた。(笑

  2011 11-20diary3










  2011 11-20diary4










    そんでもって気分屋のミルさん
    ソラを追いかけるのに飽きたのか、カキカキモード。
    ソラは、近くにミルがいるので気が気でない。

    2011 11-20diary5










     のどかな空気を一気に乱した本鳥さんは、そんなこと一切お構いなし。
  
    2011 11-20diary6
  センセイが床に下りることはまずない。
 2年間ペットショップで売れ残っており、床に慣れてないということもあり、
 床は不安らしい

  そんなセンセイを床に下ろしてみた。
 緊張と不安でいっぱいのセンセイは、デジカメに襲いかからない。
 デジカメどころではないらしい
 内股のかわいいセンセイ取り放題。(笑
 

         2011 11-16diary






 


  2011 11-16diary3











   ちゅんたも今年でもう3歳
  もう3年も我が家にいるんだ~、としみじみ実感してしまいました。
  3年前に拾った頃のちゅんた。またヒナ口でかわいい

 2011 11-16diary4
 先週の日曜日、久しぶりにちゃっぴーとミルを連れて、ペットショップに出勤

 ミルはご機嫌で、「こんにちわ~、こんにちわっ!」「ミルちゃん、ミッちゃんっ!」と
 おしゃべり全開だった




ガールフレンドのチコ(チワワ♀・10歳)が遊びに来てくれた。
チコは、エリザベスカラー姿のちゃっぴーを不思議そうに匂いを嗅いで確認。

  
2011 11-6diary2









   チコの飼い主さんからのおやつを待つ2匹 

2011 11-6diary











    好奇心旺盛なチコは、ミルに興味津々

 2011 11-6diary3









    ミルはそんなことお構いなしに、マイペースに歩き回っていた。(笑

   2011 11-6diary4

         
 ちゃっぴーが足を舐めるようになって、皮膚がただれるようになってから約4ヶ月。
はじめのうちは、包帯を足に巻いて、皮膚がただれるのを防止していたが、
包帯の上からなめてしまい、いっこうに良くなる兆しが見えなかったので、最終手段だった
エリザベスカラーをさせることにした。

 ちゃっぴーのストレスを考え、不安もあったのだが、もうこれは舐めること自体を防止
するしかないと思い、購入してみた。
このエリザベスカラーも、医療用のものは素材が硬かったり、市販のものもいろいろなタイプの
ものがあるのだが、浮き輪タイプのものは重かったりで、なかなか「これ!」といったものが
なかったのだが、ネットで猫用のエリザベスカラーを購入してみたら、これが1番軽くて、
ちゃっぴーにはとてもよかった。
当のちゃっぴーさんも、そんなに嫌がる様子もなく、案外平気そうにしていた。
今では、エリザベスカラーが板についている。(笑

 足の具合はだいぶきれいになっているのだが、やはりエリザベスカラーを外すと、
すかさず足を舐めてしまうので、まだまだ完治には時間がかかりそうだ。
舐めるのがクセになってしまっているのか、油断をすると、すぐに舐めてしまうちゃっぴー。。。
エリザベスカラーが取れるのはいつになることやら・・・



       2011 11-4diary









      2011 11-4diary2
 
  エリザベスカラーをしていると視野が狭まるので、いつもだったら襲われ易い
  ソラの被害が少ないようで、ソラにはよかったかな。(笑
    おお  センセイがデジカメを向けているのに、素直に撮らせてくれている

     2011 11-5diary









  ・・・なぜかというと

2011 11-5diary2

           近くに「ミルがいる」「窓辺」だから










2011 11-5diary3
  
    ミルはまったく気にしていない様子だが、めちゃめちゃセンセイに意識集中。(笑
    まあセンセイほど意識はしていないが。(笑












    最後に、平和な写真で

  2011 11-5diary4

                 「切り株ハウス」に緊張しているちゅんた
           このあとすぐに脱出。この中でちゅんたが寝たらかわいいだろうな~。
 プレーリードッグのグリが亡くなってから約2年、ムギが亡くなってから約1年
ムギ&グリが生活していた水槽は、いまだ変わらず同じ場所に置いてある。
あまりにも大きいので簡単に処分できないということもあるが、いつか、またいつかきっと
プレーリードッグを飼う日が来るのを夢見てもいるということもあり、そのままにしている。


 ずーっと置いてあるというのに、最近気になりはじめた様子のミルさん
  今さら?!
と、突っ込みたくなってしまった。(笑




   ミルさん、どうやら回し車が気になるご様子
 2011 10-17diary 

              








   回し車に上ろうとして、「ギ~ン」と回し車が回ったのにびっくりするミル
  2011 10-17diary2 











      慌てて、こちらに戻ってきた
 2011 10-17diary3 
  

                こ、こわかったでしゅ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。