ゆかいな動物たち

わんこ1匹、インコ3羽+スズメ1羽、プレ2匹とカメ1匹の 日々の記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ちゅんたんはほとんどケージの中にいるすずめ
今は1日6回の挿し餌の時に、ケージから10分~30分出て遊ぶ程度。
ケージから出ると、ちょんちょん動き回り、私の手や足の指をつついたり、
ティッシュを引っ張ったりと活発に動く。とても元気だ。
ヒナの時から我が家の動物たちを見ていたので、ちっとも怖がる様子もなく、
逆に興味があるようだ。
今日は日光浴をしていたちゃっぴーに近づいていった。
ちゃっぴーはあまりにも小さいちゅんたんに戸惑い気味で、近づいて来られて
びっくりしたのか逃げてしまった。


                 

          

           ちゅんたんが急に近づいてきて驚いて逃げる前の瞬間のちゃっぴーチワワ

 

 

 

            
                 びっくりしたな~、もうアセっ





         

            

           いくら動き回っていても、手で包み込むと、お腹をつけて寝るちゅんたん








 東京都にちゅんたんの飼育許可を頂いた。
ちゅんたんは足がおぼつかなく、止まり木にもきちんと止まれない。
こんなものなのかはよくわからないが、これでは自然界で生きていけるのか不安が残る。
東京都の職員の方曰く、保護された野鳥のリハビリ施設もあるとのことだったが、
ちゅんたんの状況を説明したら、「それでは仕方ないですね」と
飼育許可の書類を送って下さった。
東京都のホームページやいろいろな動物病院のホームページなどでも
「スズメのヒナを拾わないで」というポスターが貼られている。
確かに安易にヒナを拾ってしまうというのは間違っているとは思う。
巣立ちの練習をしている最中に、地面に着地してしまうことは多いみたいだ。
しかし、いろいろな状況をふまえ、近くに親がいないようであれば
やはり「このままにはしておけない」と思ってしまう。
今考えると、ちゅんたんを拾う時も、一応その場から離れて様子を見て
親がいなさそうと思って拾ってしまったが、もしかしたらもう少し様子を見ていたら
親が迎えに来ていたかもしれない。私が「離れた場所」だと思っていたところでも
親鳥は私を警戒してちゅんたんを迎えに来れなかっただけかもしれない。
私が拾っていなければ、ちゅんたんは大空を気持ちよく飛んで幸せに暮らしていたかも
しれない。と、いろいろ考えてしまう。私のしたことは正しかったのだろうかと。
けれど、その場に通りかかったのがネコやカラスだったら食べられていたかもしれない。
その場に通りかかったのが私だったからちゅんたんは我が家に来る運命だったと信じ、
ちゅんたんの一生を預かった以上、できる限りのことをして、ちゅんたんに
楽しく、幸せな生活を提供してあげたいと思う。
長くなってしまい、最後まで読んで下さった方には感謝します。



     
    

スポンサーサイト
コメント

そうですよね。
拾わないでください!と書かれていても親が来る気配がないと心配になりますよね。
私が実家に居たときに、よくすずめのヒナは巣から落ちていました。
親がそばに居るときは私が雛に近づくと親は警戒音を発します。まるで触るな~といわんばかりの低音で鳴くんですよね。
その声が聞こえると側に親が居るんだな~ってそのままにしておきました。
私も保護してからケージに入れて外に出してみて
倉庫の陰から親鳥が探しているかもと見ていましたが来ませんでしたね~。
ちゅんたんちゃんはぽんたさんをお母さんだと思っていると思いますよ。私が育てていたすごく慣れていた子も同じようにぺたんと座って眠っていました。
すごく懐かしいと同時に会いたいな~とうるうる・・。
2008/11/13(木) 23:17:30 | URL | イルタン #gIYQI5Sw[ 編集]
イルタンさん
警戒音ですか。
それははじめて知りました。
親スズメも我がコを助けようと必死になりますよね。

イルタンさんが拾われたスズメちゃんも
きっとイルタンさんに育ててもらう運命だった
んですねi-179
そのスズメちゃんが恋しくなったら
またちゅんたんに会いに来てやってくださいi-229
余計恋しくなっちゃうかi-229
読んで下さってありがとうございます
2008/11/14(金) 23:14:36 | URL | ぽんた #uBonuYPw[ 編集]
幸せですよ。
私がもし、ぽんたさんの立場だったら、やはり様子見して保護したでしょう。色々悩まれたみたいですが、縁があってうちに来たんだなあって思って、大切にしてあげてねなんせ、私なんて、狐の銀ちゃんを保護したし…銀ちゃんには逃げられたけど、わずかな時間、縁があったんでしょうね出逢いは全て縁です。ぽんたさんと出会ったのも縁携帯から書いているので、残念ながら画像は見れませんでした
2008/11/15(土) 21:40:20 | URL | ジャスミン #-[ 編集]
ジャスミンさん
ありがとうございますi-228
そうでしたね。
キツネの銀ちゃん、保護されたことがあった
んですよね。すごい貴重な体験ですよねi-179
ちゅんたんは大切に育てますi-197
すみません。携帯から見れるようにして
いないんですよi-181
2008/11/16(日) 22:06:52 | URL | ぽんた #uBonuYPw[ 編集]

野生動物はむやみに拾ってはいけないんだったよね。でも私も豪徳寺に住んでるときはスズメのひなが道路に落ちていて、
チョコチョコ歩いてはいたけど、どう見てもまだ飛べる状態じゃないぐらい小さい子で、
どうしよ~と思ったけどそのままにするのは、
あまりにも危険じゃないかと思って

近くのぽんたさんのいつも行っている小動物の病院へ、持っていったことあったっけ。
その時に初めて野生動物はそのままにしておかないといけないこと、知ったんだけど。

その道はかなり猫が出没する地帯だったから、やっぱり心配になって、ついついそのままにできなかったんだよね。
だからぽんたちゃんの気持ちわかるよ。
でも、ちゅんたんと出会ったのは何かの縁だし
大切に育ててあげればちゅんたんも
幸せだとおもうよ~v-238


2008/11/17(月) 22:25:19 | URL | ヒメ #-[ 編集]
ヒメさん
そうだったんですか~。
で、そのスズメちゃん、どうなったんですか?
病院では診てもらえなかったんですよね?

はい。大切に育てますi-228
ほんとはいけないことかもしれませんが、
これもなにかの縁だと思います。
ありがとうございますi-179
2008/11/18(火) 11:12:44 | URL | ぽんた #uBonuYPw[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://petyou.blog55.fc2.com/tb.php/18-db762c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。