ゆかいな動物たち

わんこ1匹、インコ3羽+スズメ1羽、プレ2匹とカメ1匹の 日々の記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  前回の日記で、お知らせしたスズメちゃんの巣立ちの次の日。

 1羽のスズメちゃんが、その巣の近くの電線にちょこんと止まっていた



 2013 5-26diary













 昨日巣立っていったスズメちゃんだろうか。まだ巣が恋しいのか、どうしたらよいのか

わからないのか、長い間、巣の近くに留まっていた。。



 2013 5-26diary4

 











 そして、そのスズメちゃんは意を決したのかのように大空に飛んで行った

「がんばってたくましく生きてね」と、心の中で、そのスズメちゃんに応援を送ったぽんたでした。



 2013 5-26diary2





  2013 5-26diary3





 

 そんな厳しい自然界の中で生きていかなければならないスズメちゃんがいる一方・・・。

 「自由」は抑制されているが、飢えの心配もなく、まったりと生活しているインコたち・・・。

 どちらが幸せなんだろうか・・・と、ふと考えてしまった



















    そんな我が家のまったり能天気インコたち。

   狭い社会の中で、同居生活を余儀なくされた2羽

  この2羽も2羽なりに、狭い鳥社会の中で、いろいろなストレスを受け、いろいろと考えて生きているのだろう。。

  ・・・ミルに限っては違うかもしれないが。(笑



 

   
 家の前の電柱にスズメちゃんが巣を作っていた
前回、2羽のスズメちゃんが巣立った様子をお伝えし、まだ親スズメが巣作りをしている様子が
見られたので、まだ卵かヒナがいるようだと書きましたが(4月14日の日記参照)、
期間的なことを考えると、おそらくその時の卵が孵って、巣立ったのだろう。
1羽のスズメちゃんが電柱に止まっていた


   2013 5-22diary






  まだ、巣から離れたくないのか、しばらく巣の近くにちょこんと止まっていたが・・・   

    2013 5-22diary4







  ついに意を決して飛び立つ覚悟を決めたのか、大空に飛び立って行きました

 2013 5-22diary3


        たくましく、生きてねと願いながら見送ったぽんたでした。








  そんなスズメちゃんを応援しているのか定かではないが、ノリノリだったところに
 突然、センセイが近くに飛んで来たので、びっくりしたミル

 
 
 朝の出勤前の世話の時間を少しでも短縮する為に、ケージの床材(新聞紙)などの
掃除を、会社から帰宅して夜にするのが日課だ。
ケージを掃除する間は、もちろんみんなには外に出てもらう。

 
  新聞紙の準備をしていると、ミルとちゅんたがやってきた

2013 5-14diary


 この2羽の同時放鳥は、絶対に目が離せない。ミルは、ちゅんたのすばしっこい動きが
興奮を助長?させるようで、突然襲いかかるからだ
ちゅんたが動かなければ、特に興味はないようで平気なのだが、それでも急にスイッチが
入ったかのように、ちゅんたに襲いかかるので、油断できない。




2013 5-14diary2
 こうやって見ると、ミルも落ち着いているようで平気そうに見えるが、とんでもない
 ほんと突然、急にスイッチが入るので、まったくもって油断ならず。







2013 5-14diary3
   新聞紙や広告に頭や体をスリスリさせて、「ガブガブ」作業をするミル





 

 ちゅんたはこちらの気持ちも知らずに、「ちょんちょんちょんちょん」自由にマイペース
 に動き回る。そして、ひと通り動き回ると、掃除機のそばで落ち着くちゅんた
 この掃除機のそばが落ち着くようで、「どこに行ったかな?」と思うと、こうやって
 お腹をつけて掃除機のそばに寄り添うちゅんた
 
2013 5-14diary5

 






       そんな中、ごはんを求めて探索していたソラがやって来た

 2013 5-14diary6







             この2羽は、平和だ

      2013 5-14diary7
 先週、東京・木場にある「鳥のいるカフェ」に行ってきた
行く前にHPを見てたら、並ぶ場合があるようなことが記載してあったので、
ドキドキしながら行ってみたが、ほんとに並んでいる人がいてびっくり。
入るまでに30分以上は並んだかな。でも、お店の外からも猛禽類のコたちが見える
ので、まったく飽きることなく並んでいられた


   2013 4-25diary2





      2013 4-25diary4

           みんなおとなしくしていた。おりこうさんだぁ~。







 店内では、4ヶ月のショウジョウインコの幼鳥とフクロウのヒナがいて触れ合える。

2013 4-25diary5
                 もふもふでかわいかった







        2013 4-25diary6

            おめめクリクリで、おとなしいチョボちゃん








他にはおっきなケージに入ったヨウム、シロハラインコ、ルリコンゴウ、パンダコカトゥーがいた。
ほんと一日中いても飽きないぐらいだったが、並んでるお客さんもいるので、
まあまあ満喫してお店を出た。
シロハラインコたちは3羽いたのですが、じっとせず、ずっとなんだかんだと
じゃれて賑やかだった。可愛かったなー

 ぜひ行ってみてください!
 我が家のキッチンから見える目の前の電柱。スズメが巣を作っているようで
親鳥が頻繁に行き交う様子が見える。
朝、親スズメを見るのが日課となっている今日この頃
 数日観察を続けていると、まだわた毛が目立つ2羽のスズメが巣のそばの電線に
止まっているのが見えた


  2013 4-14diary4
 

巣立ったばかりのヒナかな?なんて観察していたが、巣にまた戻ろうとしたり、
巣の近くを動き回って、しばらくすると2羽とも飛んでいってしまった。
たくましく生きてね、と願いを込めて見送ったぽんたでした。

 
 そして、もうヒナはいないもんだと思っていたが、まだ親スズメが一生懸命
巣を行ったり来たりする様子が見えたので、どうやらまだヒナがいる様子。
巣材をせっせと運んだりしていた。

 2013 4-14diary2
 





     2013 4-14diary3






2013 4-14diary


    まだ楽しめると思いながら、温かく見守っているのでありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。